職場復帰してから1か月半ほどが経ちました。1年というブランクは大きく、復帰したてよりも今の方が「できない」を痛感しています。

今回は産休・育休明けに感じるブランクについて書いていきます。

職場の環境が変わっている

機材が新しくなっている。器具の置き場所が変わっている。システムが変更しているーーそんなことが沢山で完全に浦島太郎状態でした。

しかしいつも勤めているスタッフには毎日のことですしとっくの昔のことなので「すでに変わってしまっている」ことに慣れていて、私が知らないことを知らないのです。

スタッフたちも「ああ!そうだった!」と仕事をしながら教えてくれましたがその場でバタバタするということが暫く続きました。

体が動いても思考が追い付かない

先ほども書いたように、仕事をすることを忘れた体・頭は鈍っていて最初は全く機能しませんでした。

「あれして、これして、それもしといて!」と言われたらどれかを忘れているのです。

「産後ボケ」という言葉もありますが仕事場ではそんなことは言い訳にしかならないし、誰も聞いてはくれません。

関連記事:

「お前が何を考えているかが全然見えてこない」と言われたから評価されるためにしたことをあげる

すでに後輩に追い抜かれている。実力はもう突き放されている

自分は産休・幾週期間中は職場を空けているので、キャリアでいえば1年後輩の子にはもうすでに追い抜かれているのです。

そしてこちらはブランクを背負っています。感覚はすぐに戻るわけではありません。

上司にとっては先に入社してきたけど戻ってきたばかりで鈍っているやつよりも1年(もしくは数年)後入社でもずっと一緒にいる人の方が使いやすいのは当然だと思います。

当然ですが「長く勤めているから先輩」と思わず立場をわきまえていなければなりません。

それでも自分の居場所があることは恵まれている

産休・育休の間待っている方はとてもしんどいのです。

それでも自分が戻ってくるための居場所を残して待っていてくれたのはとてもありがたいことです。

これからの自分に期待されていると思って乗り切りたいところです。

関連記事:

産休育休を取得する側と待っている側を経験してみて

おすすめの記事