職場復帰してから1か月半ほどが経ちました。1年というブランクは大きく、復帰したてよりも今の方が「できない」を痛感しています。

今回は産休・育休明けに感じるブランクについて書いていきます。

スポンサーリンク

職場の環境が変わっている

機材が新しくなっている。置き場所が変わっている。システムが変更している。新しい業務が増えている。いつものルーティーンの仕組みが変わっているーーそんなことが沢山で完全に浦島太郎状態でした。

しかしいつも勤めているスタッフには毎日のことですしとっくの昔のことなので「すでに変わってしまっている」ことに慣れていて、私が知らないことを知らないのです。

スタッフたちも「ああ!そうだった!」と仕事をしながら教えてくれましたがその場でバタバタするということが暫く続きました。

体が動いても思考が追い付かない

仕事をすることを忘れた体・頭は鈍っていて最初は全く機能しません。いわゆる「産後ボケ」というものが自分にも起きていたのです。不思議なもので育児をするために変わってしまった母親の体というものは「子供の様子の変化を察知したり世話をするための行動する能力」に関しては十分に機能していて、家の中にいる分にはさほど問題ないことが多いのですが、いざ仕事を始める、となると頭が追い付かないのです。

「あれして、これして、それもしといて!」と言われたらどれかを必ずと言っていいほど忘れているのです。自分も戸惑いましたし、周りもとても困惑していたのをよく覚えています。これに関しては仕事をしていくうえでとても苦労しました。

「母体」という出来上がったものから「社会に戻るための体」に戻るにはとても時間がかかりました。

 

すでに後輩に追い抜かれている。実力はもう突き放されている

自分は産休・育休期間中は職場を空けています。例えば1年空けていたとすれば経験年数でいえば1つ後輩の子とは並びますし、連続勤務日数・経験値でいえば自分はもうすでに追い抜かれているのです。。上司にとっては先に入社してきたけど戻ってきたばかりで鈍っているやつよりも1年(もしくは数年)後入社でもずっと一緒にいる人の方が使いやすいのは当然だと思います。こちらはブランクを背負っています。上記の産後ボケのことを除いたとしても仕事の感覚はすぐに戻るわけではありません

当然ですが自分を「長く勤めているから先輩」と思わず立場をわきまえていなければなりません。

それでも自分の居場所があることは恵まれている

産休・育休の人を待つ方はとてもしんどいのです。それでも自分が戻ってくるための居場所を残して待っていてくれたのはとてもありがたいことです。

 

これからの自分に期待されていると思って乗り切りたいところです。

 

おすすめの記事