エックスサーバーでWordPressを簡単にインストールする方法!

2020 3/26
エックスサーバーでWordPressを簡単にインストールする方法!

ブログを開設するには、エックスサーバーが便利!

今回は、エックスサーバーで「WordPress簡単インストール」を使う流れを解説します。

(※ドメインとサーバーの紐付けがされている前提で進みます。)

この機能を活用すれば、インストールはたったの数分!

手順に沿えば、あなたのブログが表示されるようになるんです。

目次

手順1.サーバーパネルにログイン

エックスサーバーへのログイン情報は申込時のメールに記載してあります。

タイトル:【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

サーバーパネルURLをクリックし、サーバーIDとサーバーパスワードを入力しましょう。

手順2.WordPress簡単インストールをクリック

サーバーパネルの「WordPress」という項目の「WordPress簡単インストール」をクリックします。

ひろののアイコン画像ひろの

「WordPress簡単インストール」はエックスサーバーならではの機能です!

本当に簡単に終わるのでパッと済ませていきましょう♡

手順3.ドメインを選択

「ドメイン選択画面」が表示されます。

登録した独自ドメインの右側で、「選択する」をクリックします。

もしもドメインが表示されていなければ、ドメインの紐付けが完了していない可能性があります。

別記事にて詳細を説明しているので、確認してみてください。

手順4.詳細を入力し、インストール

こちらの画面では、

  • 「インストール済みWordPress一覧」
  • 「WordPressインストール」

が表示されます。

「WordPressインストール」をクリックし、詳細情報を入力します。

・サイトURL:空欄でOK

空欄にすると、ドメインのURL(例:「https://〇〇(ドメイン)」)でブログのトップページへアクセスできます。

基本的には空欄が良いでしょう。

なお、「https://〇〇(ドメイン)/123」と指定することもできます。

その際は半角255文字以内にします。

ブログ名:例「〇〇(ドメイン)ブログ」(後で変更可能)

ブログ名を入力しましょう。

全角127文字または半角255文字以内にします。

まだ決めていない場合は、仮のブログ名(例:「〇〇(ドメイン)ブログ」)でも構いません。

あとから変更できます。

ユーザー名:例「〇〇user」

ユーザー名はWordPressへログインする際のIDとなります。

半角255文字以内で入力してください。

半角英数字、半角スペースと記号(_-.@)が使用できます。

変更するのは手間がかかるので、覚えやすくかつ恥ずかしくない名前にしましょう。

パスワード:例「1234!#〇〇」

WordPressへログインする際のパスワードです。

7文字から16文字まででパスワードを決めます。

半角英数字と記号(!#$%=~^|:_[].+-*/)が使用できます。

あとから変更できます。

メールアドレス:よく使うアドレス

WordPressのアップデート情報などを受信するためのメールアドレスです。

読者には知らされないので安心してください。

半角100文字以内で入力します。

あとから変更できます。

キャッシュ自動削除:ON

この設定を有効にすると、ブログ表示が高速化します。

「CronによってWordPressのキャッシュを一定間隔で削除します。」と書いてあるのですが、つまりは「古いデータを定期的に消します。」という意味です。

ONにしたあとは手動で行うことはありません。

無料で表示スピードを安定してくれるので、よっぽどのことがない限りONにしましょう。

データベース:自動でデータベースを生成する

初めてWordPressをインストールするなら、「自動でデータベースを生成する」を選びましょう。

もし「作成済みのデータベースを利用する」を選ぶと、手動でデータベースを作成しなければいけなくなります。

こちらは初心者にとってはややこしいので、あまりおすすめできません。

「自動でデータベースを生成する」のほうが良いでしょう。

すべて入力したら、「確認画面へ進む」をクリックします。

次の画面で「インストール(確定)」をクリックします。

ひろののアイコン画像ひろの

これでインストール完了です!お疲れさまでした♡

手順5.WordPressにログイン

インストールが完了すると、以下の情報が表示されます。

重要な情報なので、すべて控えておきましょう。

  1. ログイン用URL
  2. ID(ユーザー名)
  3. パスワード
  4. MySQLデータベース
  5. MySQLユーザ
  6. MySQL接続パスワード

ログイン用URLをクリックし、ユーザー名・パスワードを入力します。

この時、「ログイン状態を保存する」にチェックを入れておくと便利です。
毎回ログイン情報を入力しなくて済みます。

「ログイン」をクリックすれば、ダッシュボード(管理画面)が表示されます。

これで、ブログの基礎ができました!

デザインはあとから変更するとして、記事は執筆・公開できる状態ですよ。

エラー「無効なURLです」が表示されたら

ひろののアイコン画像ひろの

エックスサーバーの反映が遅れている場合があります
ちょっと待ってみましょう

ログイン用URLをクリックしても、

「無効なURLです。 プログラム設定の反映待ちである可能性があります。 しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。」

と表示される場合があります。

ドメインまたはネームサーバーが反映されていない状態です。

しばらく(1〜2時間)経ってから、再度アクセスしてみましょう。

まとめ

エックスサーバーでWordPressをインストールする手順を解説しました。

  1. 手順1.サーバーパネルにログイン
  2. WordPress簡単インストールをクリック
  3. ドメインを選択
  4. 詳細を入力し、インストール
  5. WordPressにログイン

エックスサーバーの「WordPress簡単インストール」機能、とっても便利ですよね。

ほとんどがクリックなので、初めてでもスムーズに進められると思います。

WordPressのインストールが無事終わったので、ブログ記事を書ける状態です!

\ブログ開設方法/

こちらから関連記事で振り返りが出来ます!

流れを再確認
ドメイン取得方法
サーバー申込み
紐づけ
WPインストール
WP設定
0.流れを再確認
1.独自ドメイン取得方法
2.サーバー申込み
3.紐づけ
4.WPインストール
5.WP設定
目次
閉じる
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus