一か月どれくらい?新生児のオムツ・おしりふきなどの消費量まとめました

ひろの(妻)

はじめまして!このブログは「出産と里帰りに関するあらゆる悩みを解決に導く」ことをコンセプトにしています

  • 里帰り出産
  • 里帰りしない出産
  • 産んでから里帰り

について一人目を産んでから里帰り出産・二人目を実体験も含め、多くまとめています。

この記事では

  • 初めての新生児育児で不安がいっぱい!
  • なにをどれだけ準備すればいいのかわからない
  • 今後何にどのようにお金がかかるのか見通しをたてて安心したい!

と感じている方の不安がなくなるよう丁寧に解説しています。

目次

赤ちゃんに必要なもの

まずは「新生児の赤ちゃんと生活をするにあたり必要なもの一覧」をご紹介します。

消耗品長く使うもの
オムツ
おしりふき
綿棒(へその緒のケア)
沐浴用の液
ベビー石鹸(ベビーソープ)
ベビーオイルやクリーム
赤ちゃんのお世話グッズ収納ケース
お昼寝用のお布団
肌着
カバーオール
沐浴桶(ベビーバス)
沐浴布
湯温計
赤ちゃん用ハンガー
ガーゼ
爪切りや体温計
授乳クッション
おむつ替えシート
 

思っていたよりも種類が多い……!

そう感じませんでしたか?

実は私も実際に揃えてみて種類の多さに驚いたものです。

赤ちゃんのお世話グッズをすっきり一か所にまとめる収納についてもまとめていますのでよろしければ後ほどご覧ください。

ひろの(妻)

以下ではオムツやおしりふきなど、それぞれ1か月あたりの消費量についてお話していきます◎

新生児のお世話で必要なもの:1か月の消費量

オムツ

新生児のオムツ交換は頻回なので1日につきおよそ10枚~15枚の交換が必要になります。

ですので、1か月30日間で使用するオムツの量は

1日につきおよそ10枚~15枚×30日間 = 300枚~450枚

になり、この数は新生児サイズのオムツパックが2つほどになります。

ひろの(妻)

大きめに生まれた赤ちゃんだと最初からSサイズの場合もあります
その場合は1パックあたりの枚数が変わりますので下の表を参考にして下さい

1か月で消費するオムツの量と金額の目安

オムツのサイズ購入する個数の目安金額
新生児サイズ180枚ほど
(およそ2パック)
1500円前後×2パック
=3000円
Sサイズ160枚ほど
(およそ2パック)
1500円前後×2パック
=3000円
合計440枚6000円前後
赤ちゃんの個人差で前後します

サイズに関しては生まれてくる赤ちゃんの大きさにもよりますが、多くの赤ちゃんは「新生児サイズ」からのスタートになります。

ですが覚えていて欲しいのは、オムツに関しては今から慌てて準備しなくても大丈夫ということです。

実は「産前に新生児サイズを買っていたのに、産まれてきた赤ちゃんが大きくて使いきれなかった」という話もよく聞きます。

なので赤ちゃんが生まれてオムツのサイズを確認してから購入しましょう。

入院中はおおくの場合産院で用意されているオムツを使用します。
最初のサイズ確認は看護師さんにしてもらえるので安心してください◎

家で使う分のオムツの購入についてはお母さんが入院中にサポートする人が買えば十分に間に合います。

ひろの(妻)

無理して早めに買う必要はありません
産まれてきた赤ちゃんの大きさに合わせたものを購入しましょう◎

ちなみにですが、新生児期赤ちゃんのお世話では「産院で支給されたオムツを使い続ける」という人が多いそうです。

私がお産をした病院ではメリーズを使用していましたが、2500gで新生児サイズがピッタリ(~少しゆとりがある程度)でした。

メリーズのオムツは少しお高いだけあって漏れが少なかったり赤ちゃんがよく寝てくれたりで満足度はとても高かったです!
お値段が気になるという人でも、睡眠時間確保のために新生児期だけ使用するというのもアリです◎

マツモトキヨシ楽天市場店
¥1,379 (2022/10/02 23:06時点 | 楽天市場調べ)

おしりふき

次におしりふきの1か月あたりの消費量についてお話していきます。

先ほど「新生児のオムツは1日につきおよそ10枚~15枚の交換が必要」とお伝えしました。

新生児のおしりふきに関してですが、基本的にはおむつ替えのたびに使用します。

おしりふきは一回につき1~4枚必要になりますので

おむつ替え(10~15回)×1回に使うおしりふき(1~4枚)=10~60枚

となります。

多くの場合1つにつき60枚ほど入っているので1日一つおしりふき1パックを消費=1か月30パック消費する計算となります。

ウンチが多い日や背中漏れなどがあると4枚以上使う場合もありますが、多く見積もりたい人は1日100枚程度と考えておけば安心です◎

ムーニーのおしりふきは我が家で大活躍しました。

「とにかく枚数を多く使いたい」新生児期のオムツ交換で、1パックに沢山入ったムーニーは最適でした◎

ひろの(妻)

薄手なのにごわつきがないのもよかったです!
新生児の赤ちゃんの肌にも安心して心地よく使えました◎

綿棒(へその緒のケア)

次にお話するのが綿棒についてです。

私は産前の準備の時に赤ちゃん用の細い綿棒を購入したのですが、1か月に1つ使い切ることはありませんでした。

当時買ったのがプラスチックケースにどっさり200本入っているタイプです。

楽天24
¥628 (2022/10/02 23:13時点 | 楽天市場調べ)

買う時は「沢山入っていて安くてお得!」と思っていましたが、実際に赤ちゃんとの生活が始まるとだんだん衛生面が気になり、余ってるのを捨てるという結果になりました。

200本入りだったのでそのまま使い続けていても2か月以上は持っていたと思います。

ひろの(妻)

綿棒があまり使われない理由は「使用する機会・1回あたりの使用量の少なさ」にあります。

ベビー綿棒の使用用途は「へその緒が取れる前後におけるおへそ回りの掃除」と「耳掃除」がありますが

  1. へその緒がついている期間が短い
  2. 耳掃除が必要なのはお風呂上りの1日1回

という理由からそれほど本数は必要とされません。

ちなみにへその緒は退院して1週間ほどでとれますし、+3日はケアするとしてもお掃除が必要な期間は本当に短いです

買うとしてもベビー用品店などで売っている200本入りのものではなく、ドラッグストアの赤ちゃん用品売り場にある本数の少ないもの(50本入りがあるよ)を2つほど買うのをオススメします。

小分けになっている方が衛生面でも安心できます◎

楽天24
¥409 (2022/10/02 23:20時点 | 楽天市場調べ)

沐浴用の液

次にお話するのが「沐浴用の液」についてです。

こちらは毎日のお風呂で使用する

ベビー石鹸(ベビーソープ)

ベビーオイルやクリーム

我が家が激推ししているのが「ベビーミルキーローション(とクリーム)」です!

ひろの(妻)

新生児の保湿には絶対に!絶対にオススメしたい商品ですし、買うなら断然お得用ポンプ式です!

牛若物産楽天市場店
¥6,640 (2022/10/02 23:36時点 | 楽天市場調べ)

まとめ:新生児のお世話で必要なもの

生活消耗品1か月の消費量
オムツ
おしりふき
綿棒(へその緒のケア)
沐浴用の液
ベビー石鹸(ベビーソープ)
ベビーオイルやクリーム
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次